So-net無料ブログ作成
検索選択

学校教育についての想い

 日本の教育予算は先進国の内では最低レベルとのことです。
にもかかわらず、世界的にみても、いまでも高い教育レベルを確保
しています。これは、教師をはじめとした教育関係者の努力によるも
のが大きいと思います。
 しかし、不登校の児童・生徒は12万人もいるとのこと
これは何を意味しているのか?
教育予算の削減と教師への過度の負担が教育現場に大きな
問題を生じているのではないでしょうか?
教師一人当たりの生徒数が多いため、きめ細かな対応ができず、
生徒をひと固まりの集団としてしか扱っていないように思えます。
 一人一人の生徒を大切にできていないのではないか?
そのように感じる次第です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0